「低用量ピル」は、日本でも少しずつ浸透してきているので、聞いたことがあるかもしれません。
しかし、「避妊効果」以外の効果はまだ浸透しておらず、服用に至っていない人も多いと思います。「また低用量ピルは太る」などの都市伝説もあります。
しかし、低用量ピル自体は太るものではなく、また避妊効果以外にも、普段の月経前症候群などの辛い症状の緩和など、様々な効果があります。

また、低用量ピルには種類が存在し、どのような目的で使用するかによって、オススメの種類も変わってきます。
避妊目的で低用量ピルを内服する場合は保険適用にはなりません。しかし、月経困難症などで用いる場合には低用量ピルでも保険適用となります。

低用量ピルと従来のピルと差は何処にある?

ピルと呼ばれるものには、現在よく使われている「低用量ピル」の他にも用量の異なるピルが存在します。
これらの違いは、ホルモン量の差にあります。

卵胞ホルモンとも呼ばれる「エストロゲン」が50マイクログラムを超える量や、50マイクログラムであれば従来よく扱われていたピルとなります。
50マイクログラム未満であれば「低用量ピル」というように呼ばれます。
「従来のピル」は、避妊の目的ではなく、「卵巣機能不全による無月経」や「月経周期のコントロール」の目的で使用されていました。

しかし、この「従来のピル」は、このエストロゲンというホルモン量が「低用量ピル」よりも多いため、副作用が多く出現していました。
ピルは太るという噂も、この「従来のピル」に関しての副作用です。
現在は「低用量ピル」という、エストロゲンの含有量が少ないピルが多く出回っております。
エストロゲンの含有量が少ないため、副作用が出現しにくいというメリットがあります。

しかし、避妊効果においても、ニキビの治療においても、低用量ピルでも十分に効果を発揮できます。
十分な効果があるのであれば、副作用が少ない方が良いでしょう。
このため、現在では「低用量ピル」が主流になってきています。しかし、「従来のピル」は現在でも使用されています。
旅行などのために生理を遅らせる場合や、緊急避妊として用いる場合には、「従来のピル」が選択されます。
また、月経困難症などの治療においても、「従来からあるピル」が選択されます。

「従来のピル」は、飲み始めた日にちによっては避妊効果もありますが、現在の日本では避妊を目的とした使用が認められていません。
このため、避妊目的で使用する場合には「低用量ピル」が選択されます。

服用後効果が出始める時期は?

では、服用効果はいつからで始めるのでしょうか。
避妊を目的とした場合は、服用開始時期により、その効果出現時期も変わってきます。
生理開始の初日から低用量ピルを内服した場合には、服用したその日から効果が発揮できます。

しかし、サンデースタートといわれる、日曜日に服用を開始した場合にはすぐに効果は発揮されません。

ピルには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が含まれています。
これらのホルモンが脳下垂体に働きかけます。そうすることで、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体ホルモン(LH)の分泌を抑える働きをします。
これらの効果により、卵巣にある卵胞はそれ以上成熟しなくなります。このため、排卵しなくなります。
また、子宮内膜が厚くなるのを防ぐために、受精卵の着床を防ぎます。さらに、子宮頚管の粘液を変化させることで精子の混入を防ぎます。
これらの複合的な作用により、正しく飲めばほぼ100%に近い避妊効果を発揮します。
ですが、サンデースタートの場合は、服用を始めて1~2週間は効果を発揮しませんので他の避妊方法も必要になってきます。

クイックスタートといって、月経開始や曜日に関係なく好きな日にちから飲み始める場合も、効果を発揮するために1~2週間かかりますので、この間は他の避妊方法との併用が必要になってきます。
月経前のイライラや頭痛・むくみ・肌荒れなどに使用する場合には、効果を発揮する時期に個人差があります。
早い人だと飲み始めてから次の生理が開始するまでに効果を感じる場合もありますし、効果を感じられるまでに3ヶ月ほど要する場合もあります。
何にしよ、正しく服用することが必要です。

選ぶポイントは体に合うか否か?

では、実際に低用量ピルを服用する際、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか。
低用量ピルには大きく3つの種類があります。これは、ホルモン量の違いによるものです。

ピルは1シートが21錠~28錠ありますが、この1シート全ての錠剤が同じホルモン量であるものが1相性と呼ばれます。
このほかに、1シートの全てが同じホルモン量ではなく、黄体ホルモン(プロゲステロン)の含有量が後半増えていくなどの2段階に変化していくもの(2相性)があります。

さらに、プロゲステロンが3段階に変化していく3相性のものもあります。
そして、プロゲステロンの化学構造の種類によって、第1世代、第2世代、第3世代と分かれます。
その人によって、相性がありますので、医師と相談して自分の体に合うものを服用していくとよいでしょう。

第1世代で3相性のピルは、総ホルモン量が少なく、自然のホルモン動態にも近いものです。
このため、不正出血も少なくて済む傾向にあります。

日本で一番流通している低用量ピルは、「第2世代、3相性」のものです。
「LNG」という種類の黄体ホルモンの作用により子宮内膜が安定します。このため、不正出血が抑えられる傾向にあります。
また、休薬期間中にはきちんと月経が来やすいというメリットもあります。

第3世代、1相性のピルもあります。
これは、他のピルと比べて男性ホルモンの作用が一番少ないという特徴を持っています。
ニキビの治療もかねる場合などには、この「第3世代、1相性」のピルがお勧めとなります。
しかし、むくみなどの副作用が見られる場合もあるというデメリットもあります。

生理痛がひどくて低用量ピルを服用する場合には、保険適応である「第1世代、1相性」のピルが適応となります。

低用量ピルの正しい飲み方

低用量ピルは、正しく服用しなければ効果を発揮できません。
毎日、同じ時間に飲み忘れなく服用することが重要です。
このため、ライフスタイルに応じて飲み忘れない時刻を設定する必要があります。
「朝起きたらすぐに飲む」や「寝る前に飲む」など決めておくと、服用し忘れが起こりにくいでしょう。

しかし、飲み始めには嘔気などの副作用が出現する場合があります。
この場合には、日中内服してしまうとその後の仕事中に体調を崩す可能性があります。このため、夜寝る前などに服用するのがお勧めです。

飲み忘れてしまった場合には、すぐに1錠を内服するなどの対処法がありますが、避妊効果においては1ヶ月に何度も飲み忘れがあると十分な効果が得られません。
毎日、同じ時刻に正しく服用し、なおかつ嘔吐していなければ避妊効果はほぼ100%となります。
しかしながら、毎日服用時間がバラバラだと効果が薄れてしまいます。このため、服用時間はある程度一定時間に設定しておく必要があります。

24時間飲み忘れた場合には、次の日に2錠飲むという対策がありますが、この場合はもう避妊効果が薄れていますので他の避妊方法を併用する必要が出て来ます。
一般的には半日くらいであれば時間がずれてもよいとはされていますが、飲み忘れを防ぐためにもできるだけ同じくらいの時間に服用した方が良いでしょう。
2日以上服用を忘れてしまった場合には、効果がなくなっていますので、飲み忘れた日から数えて1週間以上経ってから、新しいシートから飲み始めましょう。
また、飲み始めるまではもちろん避妊効果はありませんので注意しましょう。
1シート21錠のものは、最後のお薬を飲んでから1週間休薬します。1週間後に新しいシートの服用を始めます。
1シート28錠のものは、最後のお薬を飲んだら、翌日から新しいシートを飲み始めます。