アイピルとはどんなピル?

アイピルはアフターピルの一つであるノルレボという避妊薬のジェネリック医薬品です。
アイピルも、ノルレボが主成分としているレボノルゲストレルという女性ホルモンの一種を主成分としています。
レボノルゲストレルが含まれている量も1.5mgとノルレボと同じであり、アイピルを服用すれば、ノルレボとほとんど同じ避妊効果を得ることができます。

飲み始めから24時間以内に起こる可能性があるアイピルの副作用としては、吐き気・頭痛・胸の張り・不正出血などが挙げられます。
アフターピルを服用することで身体の中の女性ホルモンが急激に増加するため身体のホルモンバランスも急激に変化することになります。
それに伴って生じるのが副作用です。
アイピルは1錠の錠剤を性行為後に服用することが服用方法となりますが、副作用が生じるのはアイピルに含まれている成分の血中濃度が高くなっている期間だけです。
その後、副作用が残ることはありません。
ただし、アフターピルは低用量ピルのようなピルと異なり、急激に身体の中のホルモンバランスを変化させるため、副作用が強く出る可能性があるため注意が必要です。
アイピルを服用してすぐに吐いてしまった場合には、有効成分が十分に身体に取り込まれていない可能性があるので、病院で相談する必要がある点には留意すべきです。

アイピルを購入する場合は通信販売か個人輸入です。
アイピルの先発薬であるノルレボは医療機関で処方してもらうことができます。
そのため、産婦人科や婦人科のある病院までいかなければなりません。
アフターピルは基本的に保険適用薬ではないため、一般に高額な費用が必要となります。
通信販売や個人輸入であれば誰にも知られずに購入できるというメリットもあります。

しかし、通信販売や個人輸入で購入可能なアイピルであれば比較的安価で購入できます。
アイピルはノルレボのジェネリック薬であるため、主成分はほとんど変わらず、ノルレボとほとんど同じような避妊効果を得られます。
また、アイピルであれば万が一の際の準備として事前に購入して常備しておくこともできるので便利です。

避妊具の付け忘れや途中破損したらアイピルを

コンドームのような避妊具をつけずに性行為をしたり、性行為の途中でコンドームが外れてしまったり、破れてしまったにも関わらず、性行為を続けてしまうと妊娠する可能性があります。
妊娠を望んでいない場合には、事後ピルとしてアフターピルを服用して妊娠を回避するようにすることが大切です。
事後ピルの代表的なピルとしてはアイピルを挙げることができます。

アイピルは日本でも通販や個人輸入で比較的簡単に購入することができます。
通販や個人輸入で購入したほうが病院で処方されるよりも安価で購入できるというメリットがあります。
医療機関でアフターピルを購入する場合、性行為によるトラブルが発生した後でなければ購入できず、予防目的などでは処方してもらえません。
しかし、アイピルなどのアフターピルであっても通販や個人輸入ならばいつでも購入することができます。

アイピルはアフターピルの一種で、性交渉後に1錠服用することで避妊の効果を得ることができる錠剤タイプの避妊薬です。
複数錠服用したからといって効果が変わるわけではないため、1錠しっかりと服用することが重要です。
性交渉から72時間以内に服用することが大切です。
72時間以内であれば避妊の効果を得ることができるとされていますが、性交渉後できるだけ早く服用した方が効果は高くなります。
アイピルを性交渉から24時間以内に服用した場合、約95%という高い避妊効果が認められており、72時間以内に服用した場合でも、約75%という避妊効果を得ることができます。

服用方法としては、一般の薬と同様に水か白湯で飲むようにすることが大切です。
このように、できるだけ早く服用した方が避妊効果は高くなるので、通販や個人輸入で購入して薬を常備しておいた方が安心です。