大人ニキビに低用量ピルが効く!

大人になってからできるニキビは大人ニキビとして思春期にできるニキビとは区別されて位置づけられています。
思春期にできるニキビと大人ニキビの違いとしては、大人になってからできるもののほうが治りにくく重症化しやすい特徴があります。

大人ニキビには、低用量ピルが効くといわれていますが、これは女性の大人ニキビにはホルモンバランスがカギを握っていることが理由とされています。
女性の肌とホルモンバランスには密接な関係があり、低用量ピルでそのバランスを整えることが治療の近道と定義されます。

低用量ピルは避妊の為に処方されるのが一般的ですが、あたらしい活用法として人気の低用量ピルとして知られるトリキュラーの需要が高まっています。
避妊の為に服用していて結果的にニキビが治ったという声も多く聞かれる低用量ピルの中でも特にポピュラーで、婦人科で頻繁に処方されるのがトリキュラーです。

健康的な肌はうるおいがあってニキビが無いのが理想的と言われていますが、治りにくい大人ニキビを低用量ピルで治療することで、ホルモンバランスが安定して肌を健康的な状態に導くことが可能となります。

ニキビ治療で支持されている低用量ピルには、マーベロンがあります。
マーベロンは世界中の女性たちからニキビができにくいピルとして愛用されており、美肌のためのピルがメジャーになるきっかけになった製品でもあります。

低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、その種類や量は製品によって異なります。
特に黄体ホルモンの種類は男性ホルモンの活性を左右するため、ニキビのできにくい肌を導くカギとなりますので、自分に合った種類の黄体ホルモンが配合されている製品を選ぶのも肌を美しくする為にはポイントとなります。

多くのクリニックではいくつかの選択肢が設けられており、肌や体調に合わないと感じたら他の低用量ピルを試すことで、不快な症状を改善してニキビを改善させることが出来るケースもあります。

健康的な肌を取り戻すためのピル活用法とは?

健康的な肌を取り戻すためにはピル活用法がカギを握るケースが見られます。
特に女性の場合、大人ニキビはホルモンバランスが崩れていて症状が出るケースが多いため、最近では皮膚科でも積極的にニキビ治療に低用量ピルをとりいれています。

ピルにはニキビを防ぐ高効果が期待できるものとそうでないものがありますが、最近ミニピルという製品にも注目が集まっています。
血栓を作るリスクが高まる懸念がある低用量ピルの中でもミニピルはそのリスクが低くなると期待できる製品で、卵胞ホルモンが配合されていないのが特徴です。

ニキビ治療にミニピルを導入しているクリニックも出てきていますが、基本的には一般的な低用量ピルのマーベロンやトリキュラーを治療に使っているクリニックのほうが多いのが実情です。
何らかの理由で卵胞ホルモンを摂取するのが好ましくない女性には、ミニピルが選択されることもあります。

低用量ピルは避妊の為の薬ですが、正しく服用することで身体の中のホルモンバランスを一定に保つことが出来るため、ホルモンの変動によるニキビを防ぐことが出来ます。
最近では品ではなく美肌になる目的の為に低用量ピルを飲み始める女性も多く、深刻な大人ニキビが改善したという意見も多く見られます。

低用量ピルは処方薬で医薬品ですので、医師の処方によって購入することが出来ますが、毎日服用することで少しずつ大人ニキビに改善がみられる症例が目立ちます。
毎日服用して定期的に服用を休止するだけで特別な工夫をすることなしに健康的な肌を取り戻すことが出来る可能性が高いため、大人ニキビに悩まされている方は、ホルモン療法をとりいれているクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。