避妊に失敗したときはモーニングアフターピル

避妊のための方法にはたくさんのものがあります。
その中でも、性行為の後に対策できるものとして挙げられるのが、モーニングアフターピル、緊急避難薬です。
セックスをした次の日の朝に飲むことで避難の効果がある、というイメージの名前です。

ビル自体の服用に関して、日本は後進国と言えます。欧米諸国などでは広く普及しており、利用者も多いです。
近年日本でも避妊の確率を上げること、また選択肢を増やすという意味でも高い注目を集めています。

緊急避難薬というぐらいですから、避妊に失敗した時などに使う位置づけになります。
一般的には72時間以内の服用が求められますが、早ければ早いほど効果的です。
性行為から12時間以内に服用すれば妊娠の確率は1%以下と言われており、かなり高確率で避妊ができます。
以降は少しずつ妊娠の確率が上がることからも、やはり早めの服用ほど安心できます。

モーニングアフターピルを飲むことによって、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐ効果があるので避妊ができるというメカニズムです。
メリットとしてはやはり、性行為の後に対策ができるという点が大きいです。
コンドームが破れるなどという失敗は、どのカップルにでも訪れる可能性のあるリスクと言えます。
そんな時にでもモーニングアフターピルの存在を知り、準備をしていれば、慌てず対処が可能です。

モーニングアフターピルは、日常的に服用する類の避妊薬と捉えるのは少し危険が伴います。
副作用の問題もあるので、いざという時のために備えておくという意識が大切です。
最近では通販でも数種類のモーニングアフターピルを購入することができるので、より身近な存在になって来ています。
それだけに、服用に関しては利用する側が得ておかなければならない知識は多いです。
種類によって服用の仕方や効果、副作用も違います。
それぞれにどのような特徴があるのか、自分に合っているのか、他の薬と併用しても問題がないのかなど、知識は多いほど有効です。

飽くまでも最後の手段で多用は禁物?

モーニングアフターピルとして有名な薬の1つに、ノルレボがあります。
ノルレボは、セックスの後72時間以内に、2錠を1回という飲み方で服用します。
72時間以内が理想ですが、120時間以内まで服用可能です。ただ、やはり早いに越した事はありません。
早ければ早いほど避妊の可能性は高まるので、いたずらに時間を過ごすのではなく、必要だと気づいたときにはできるだけ速やかに飲むと良いです。
ノルレボは、1回の服用で済むことや、吐き気や嘔吐の副作用が少ないのが特徴として挙げられます。

プラノバールもモーニングアフターピルとして有名です。
飲み方は、セックスの後72時間以内に2錠、その12時間後にさらに2錠を服用するという方法です。
プラノバールは強い嘔吐や吐き気が副作用として続くことがあります。ノルレボと比べると副作用はかなり強めです。
例えば、服用した後2時間以内に嘔吐してしまうと薬の効果が得られない場合があり、さらに追加で服用しなければなりません。
服用後は安静にしておく等の注意が必要です。

planBというモーニングアフターピルもあります。
飲み方は、性行為の後72時間以内に2錠を一回服用します。
これも、早ければ早いほど高確率で避妊ができるので、できるだけ性行為の後すぐに服用すると良いです。
吐き気やだるさ、頭痛、嘔吐などの副作用がplanBにはありますが、一時的なもので収まることが多いです。

これらのモーニングアフターピルは、あくまでも最終手段として捉えるべき避妊方法と言えます。
副作用のことを考えても、多用は禁物です。
体に負担がかかる事は間違いないので、他の避妊方法で失敗したときの最後の手段として準備をしておくことが肝要です。